白黒写真のカラー変換ならサンメディア。神戸の印刷・デザイン会社です。株式会社サンメディア モノクロ写真をカラー変換 神戸サンメディア

モノクロ写真(白黒写真)のカラー変換はサンメディアまでどうぞ。独自の特許技術で色を再現します。
サンメディアは、カタログ・チラシ・ポスターのデザイン印刷、名刺・封筒・各種伝票の印刷など、神戸の印刷・制作デザイン会社です。

トップページ

会社理念

モノクロ写真をカラーに変換

オリジナル開発

会社概要

お問い合わせ

ブログ

印刷用紙の話

紙の重さと単位

印刷で、紙屋さんに紙を発注するときは、「紙の名前」と「紙の重さ」を伝えます。
例えば「コート紙110キロ」みたいに言います。
この例の場合、正確に言えば「コート紙 四六判110kg」ということです。
「四六判」というのは紙のサイズの一つで、四六判1000枚の重さが110kgのコート紙という意味です。
110kgというのは紙の重さですが、同じ種類の紙なら厚みによって重さが変わりますので、厚みを重さで表現しているということです。
紙1000枚で1連(1R)と呼びます。
「連」という単位は、「連量(れんりょう)」のことで、1連の重さをkgで表示することで紙の厚みの目安になっています。
連量とは別に、もう一つ紙の重さを表す単位が「坪量(つぼりょう)」です。
坪量は紙1平方メートル当たりの重量のことです。単位は「g/m2 」です。
「米坪(べいつぼ)」とか「メートル坪量」とも呼ばれます。

Copyright Sun Media. All rights reserved.